沖縄科学技術大学院大学に行って科学に触れてきましたよ

科学の世界に触れるため沖縄科学技術大学院大学のサイエンスフェスタ2017に行ってきました。

世界の最先端の科学がここに終結しているとは、大袈裟かも知れませんが科学に触れる良い機会だと思い参加しました。科学は楽しそうだけど、大人になると難しいと感じていましたが、結果参加して良かったなとおもいます。

まず学校のたたずまいが、気品があるというか風格があるんですよね。国内屈指のリゾート地恩納村に構え、海を見下ろす高台のロケーションは研究するには最高の環境にありますね。敷地内は居住スペースもあり、教授や研究者、学生が住んでいるので集中できる環境にありますね。ほとんどの方が外国から来ており世界から注目を集めています。

中に入るとプログラムの数式などがデイスプレイされていたり、普通の大学とはおもむきが違います。エレベーターの待ち時間の間は生演奏でもてなすところはさすがでした。フロアに着くといろんな講演会などが行われていたり、科学の実験があったり楽しく学ぶという工夫がされていました。化学反応でアイスクリームができたりし、大きな歓声に包まれました。大人になるとつい頭で考えがちですが、子供の反応は正直で素直だなと思いました。

私たちはアリの研究の講演会に参加しました。

子どもには少し難しかったかもしれませんが顕微鏡でアリを見ると、大きく見ていて不思議そうにしていました。
スポンサードリンク




後最先端のロボットが人間の行う作業の変わりに行っていました。ロボットだけに正確にもくもくと作業を実施していく姿は凄いことでもあり、将来は人間の仕事がロボットに取られそうです。

グッズもいっぱい貰いました。線引きやテイッシュやシールなど子供が喜ぶ物から、使えそうなものまでいろいろあり、中でも一番のお気に入りは買い物バッグ。

これは買い物などに使えそうなので重宝しそうです。

お昼は露店が出ていていろいろ選んで食べることができました。食堂も海が見渡せてとてもリラックスできる雰囲気だなと感じていました。廊下にちょこっと会議ができるスペースがあったり、羨ましくなるほどの設備でした。構内にはジミー「沖縄のスーパー」もあり楽しかったです。

今回は科学の世界で子供達も楽しめたと思います。楽しくなくても経験して良かったと思っています。沖縄から最先端の技術がでると嬉しいですね🎵年間300ぐらいの論文も出してるみたいですから今後に期待が持てますね。学生にもサポートもあるようなので、興味があるかたはぜひ紹介してみたらいいと思います。

OISTの地図

スポンサードリンク



 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。