海洋博公園のマダライルカ出産後死亡となりました。

沖縄海洋博公園のオキちゃん劇場繁殖プールで生まれたマダライルカの赤ちゃんが12日亡くなったと発表があった。残念ではありますが、協力してくれた皆さんありがとうございました。また沖縄海洋博の出産に関わった職員の皆さんありがとうございました。

スポンサーリンク

 

 

マダライルカとは?

イルカと言っても種類がいっぱいあるみたいで、多くてわかりませんでしたが、バンドウイルカは有名だと思います。他にもパンダ模様のイロワケイルカ等がいます。

マダライルカの行動は非常に活発であり、水面から大きくジャンプする行動もとる。1秒強の間、ジャンプすることもある。船が作る船首波を跳んだりなどの「遊び」も良く行う。

東太平洋においてはキハダマグロ (Yellowfin tuna) と一緒に泳ぐことが多い。 (これがマグロとの混獲の問題になる。詳細は本記事の「人間との関り」を参照) マダライルカはマグロを餌としているわけではなく、マグロと共に同じ小魚類を餌としているために、一緒に泳いでいるに過ぎない。 生息域によっては、イカなどの頭足類や甲殻類も食べる。

吻は細長く、成体では唇の部分が白くなる。胴体は細身の流線型。[1]喉や腹部は白あるいは淡い灰色で、斑は少ない。横腹と背は3色から成り、腹側が一番明るい灰色、背は濃い灰色で、境界には灰色の帯状の模様がある。これらの斑は成長するにつれ増える。長く湾曲した背びれは背と同じ色である。

生まれた直後の体長は80cmから90cm、成体の体長は雄が2.4mで雌が2m程度に達し[2]、体重は120kg以下[1]であるが、大きさや体色は生息域によってかなり異なる。

特に遠洋に棲息するものと沿岸に棲息するものの違いが大きく、沿岸に棲息する個体の方が大きく、模様の斑(まだら)がはっきりする。メキシコ湾周辺に棲息する個体は、成体でも斑模様がほとんどない。遠洋と沿岸の差異は大きく、上述のように東太平洋だけでも二つの亜種(S. a. AS. a. graffmani)に分けられる。

成体では斑模様が一番わかりやすい特徴であるが、若い個体は一般的にはもっと一様な体色であるため、ハンドウイルカと混同しやすい。 大西洋においては、タイセイヨウマダライルカと混同しやすい。

雌は10年、雄は12年でそれぞれ性成熟する。寿命はおよそ40年である。

画像はマダライルカ

マダライルカ

 

海洋博公園よりマダライルカ出産への協力について

海洋博公園はマダライルカ(愛称リラ、推定13歳)の出産に向けて準備を行っています。現在エコー検査で元気に成長している赤ちゃんを観察しています。マダライルカが安心して出産、育児を行えるように、飼育プールの観覧制限を2月17日より開始しています。お客様には大変ご迷惑をおかけしますがご理解いただけるよう、よろしくお願いします。

世界で初となる飼育下繁殖を目指します。新たな命が無事に誕生してくれることを願っていますので、どうぞ温かく見守って下さい。

とのことですのでみんなで温かく見守りましょう。

画像はオキちゃん劇場のイルカです。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。