ゴールデンボンバー名古屋ライブ2018の日程や当日の様子!参加者の感想や画像など

広告




ゴールデンボンバー全国ツアー2018「ロボヒップ」が行われています。

どんな曲や曲順など、とても楽しみですね。また毎回観客を楽しませてくれるステージの演出にも注目です!

みんなでゴールデンボンバーのツアーを盛り上げよう!

広告

名古屋ライブの様子や感想など

 

https://twitter.com/moaksgtksttt/status/1015946176468680706

福岡ライブ当日の様子や感想など

広島ライブ当日の様子や感想など

楽しみにしています

 

スポンサーリンク

ゴールデンボンバープロフィール

ゴールデンボンバーコンサート当日の様子は?鑑賞者の感想や画像まで

全国のイベント等の当日の様子を紹介!鑑賞者の感想や画像など

2004年にボーカル鬼龍院翔とギター喜矢武豊を中心に結成。
結成当初は楽器を演奏していたが、喜矢武豊の演奏があまりに下手だったという事と、耳だけでなく「目」でも楽しめる音楽を追求した結果、
パフォーマンスを取り入れた現在のエアーバンドという形となった。
エアーバンドの為、基本的にボーカル以外のメンバーは、楽曲に合わせ楽器を演奏する「フリ」をしている。
その代わりにライブではメンバーによる様々なパフォーマンス(ダンス等も含む)を行っており、そのパフォーマンスが魅力の一つでもある。
キャッチコピーは「うまい、早い、安い」。
2010年にメジャーレーベル7社からメジャーデビューのオファーを受けたが全て断っている。そのため、現在でもメジャーレーベルと契約をしていないいわゆるインディーズである。
バンドコンセプトは「ハイパー・ギガ・ハイブリッド・スーパー・サブカル・ハイパー・スーパー・ビジュアル・ロック」。
音源楽曲の演奏は、主に「中の人」とされるeversetのギタリスト・tatsuoである。
使用しているロゴはフジテレビの『ゴールデン洋画劇場』のロゴと酷似しており、鬼龍院自身もブログで言及している。
メンバー4人全員が各々個性的なパフォーマンスをライブ・テレビに問わず披露しており、奇をてらった発言(音楽に興味がない/演奏できない)をしている、
稀にライブで実際に楽器を演奏することもあるが腕前は壊滅的で学園祭レベル以下と本人たちも語っているほど下手である。

日程

ツアーの全日程

  • 2018.05.08 – 京都:ロームシアター京都 メインホール
  • 2018.05.11 – 山梨:コラニー文化ホール
  • 2018.05.18 – 北海道:旭川市民文化会館
  • 2018.05.20 – 北海道:帯広市民文化ホール
  • 2018.05.26 – 沖縄:沖縄コンベンション劇場
  • 2018.05.27 – 沖縄:沖縄コンベンション劇場
  • 2018.06.07 – 宮城:仙台サンプラザホール
  • 2018.06.08 – 宮城:仙台サンプラザホール
  • 2018.06.12 – 広島:広島文化学園HBGホール
  • 2018.06.13 – 広島:広島文化学園HBGホール
  • 2018.06.17 – 北海道:ニトリ文化ホール
  • 2018.06.18 – 北海道:ニトリ文化ホール
  • 2018.06.23 – 福岡:福岡国際センター
  • 2018.06.24 – 福岡:福岡国際センター
  • 2018.07.07 – 愛知:名古屋国際会議場センチュリーホール
  • 2018.07.08 – 愛知:名古屋国際会議場センチュリーホール
  • 2018.07.14 – 大阪:大阪城ホール
  • 2018.07.15 – 大阪:大阪城ホール
  • 2018.07.17 – 埼玉:さいたまスーパーアリーナ(※演出なし)
  • 2018.07.18 – 埼玉:さいたまスーパーアリーナ

 

楽しみにしています

スポンサーリンク

名古屋国際会議場の紹介

大規模な国際会議はもちろん、講演会・集会・コンサートなど、さまざまな夢を演出するゆとりの劇場型空間。

3,000人収容というキャパシティをはじめ、充実の音響・照明設備、同時通訳ブース4室、

前イスの背もたれを倒せば机として利用できる座席など、様々な目的に利用できるよう、きめ細かな配慮がされています。

名古屋市熱田区熱田西町1番1号

アクセス

東名高速道路より地図を載せました。

日比野駅より地図を載せました。

中部国際空港より地図を載せました。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

関連コンテンツはこちら



広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。