子連れ沖縄旅行でのバス移動のメリットを解説!お得な情報もあり

広告




こんにちはKuuです。

沖縄は暑いと思っている方が多いと思いますが、実際の間隔とは少し違います。

夏場は気温が32度くらいまでしか上がりません。

5月ぐらいから泳いでるイメージがあると思いますが、5月の海は寒いです。

沖縄に実際に来て確かめてみるのもいいですね。

さて沖縄に観光に来られて、移動手段はどうしようかと思ったことはないですか。

ツアーだと観光バスを貸し切って目的地まで送ってくれるので問題はないんですが、個人旅行だと何が便利で、効率がいいか悩みますよね。

いろんな交通手段がある中で今日はバスについて考えてみたいと思います。

バス移動は沖縄在住者の感覚では、あまり使わないというのが一般的ですが、旅行者はどうなんでしょうか。

 

この記事を読んでわかること

  • 沖縄の交通事情
  • バスのメリット
  • Kuuおすすめ
  •  

広告

観光客の移動手段は何があるか

まずは沖縄の主な移動手段をみてみましょう!

  1. レンタカー
  2. バス
  3. モノレール
  4. レンタサイクル
  5. タクシー

大きく分けてこんな感じになると思います。

それぞれでメリットやデメリットがあると思います。

また旅行の人数や目的地などによってもどの交通機関がいいか変化してくるんじゃないかな。

基本的に沖縄は車社会ですので、渋滞は多いです

めんどくさがりな県民性もあり、徒歩で行動することは少ないです。

近くのコンビニまでも車で行くほどです。

もちろん全員に当てはまる訳ではないですが、習慣になっています。

そんな沖縄の県民性や特徴を見ながらどれを選んだらよいか、考えてみてくださいね。

 

広告

沖縄のバス事情を学ぼう

1 バス

 

「バス」の画像検索結果

出典元:琉球バス交通

 

沖縄の方は路線バスはあまり利用しません。はっきり言って。

なぜなら、車中心の社会だからです。

どうしても渋滞して時間に間に合わないことが多いんですね。

とはいっても、もちろん使う方もいます。

最近は新システムでバスが優先になったりしたり、新バスターミナルができて機能的に良くなっています

・バスのメリット

  1. 沖縄本島ほぼ全域を網羅しているのでどこでも行ける
  2. 観光スポットをピンポイントで巡る定期観光バスで効率よく回れる
  3. 空港リムジンバスを使えばホテルなどから直行で空港まで行けて便利
  4. 那覇市内なら「1日乗り放題券」などを活用できる。
  5. 貸切バスならグループで周りを気にせず楽しめる
  6. 1人から大人数の団体旅行まで対応できる。
  7. 地元の生活に触れ合える。

それでは一つずつみていきましょう。

沖縄観光でバスを利用してのメリット

1 沖縄本島ほぼ全域を網羅しているのでどこでも行ける。

沖縄の路線バスは生活にも直結しているので、沖縄本島全域に繋がっています。

乗り換えをしながら、本当はくまなく回れます。

特に那覇空港には便が多いので、行きたい目的地に直で行けることもあるので利用するととても便利。

那覇市内の運賃だと

大人230円、こども120円となってます。(平成30年現在)

運賃や路線、お得なバスの制度などの情報がありますので確認してくださいね。

↓↓↓↓

一般社団法人沖縄県バス協会

2 観光スポットをピンポイントで巡る定期観光バスで効率よく回れる

観光スポットを効率よく回りたい。

また安くで回りたいと思っている方多いですよね。

沖縄の観光スポットは本当の南部から北部まで広い範囲であります。

定期観光バスが運行されているので上手く利用すべきですね。

例えばこの沖縄バスの定期観光バス

「美ら海水族館と今帰仁城跡」

のコースをみてみましょう。

出典先:沖縄バス株式会社

人気の美ら海水族館や昼食は入ってこの値段ってすごいですよね。

実際沖縄在住者も参加する方も多いです。

運転免許証が無くてレンタカーを借りられない方などには打ってつけ。

おすすめ日帰りツアー、こちらで予約できます。

↓↓↓↓

 

3 空港リムジンバスを使えばホテルなどから直行で空港まで行けて便利

那覇空港にはいろんな路線のいろんなバスが集まってきます。

その中の一つに空港リムジンバスというのがあります。

目的地から空港へまたは、空港から目的地へ。

このリムジンバスを利用すれば、時間が短縮されたり、労力が減ったりします。

どんなリムジンバスがあるか確認してみましょう。

沖縄バスの空港リムジンバスを見てみましょう。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート  
沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパ  
ロイヤルホテル沖縄残波岬  
オキナワマリオットリゾート&スパ  
かねひで喜瀬ビーチパレス  
カフーリゾートフチャクコンド・ホテル  
記念公園前バス停  
ザ・ビーチタワー沖縄  
ザ・ブセナテラス ビーチリゾート  
ザ・リッツカールトン沖縄  
シェラトン沖縄サンマリーナリゾート  
センチュリオンホテル&ヴィンテージ沖縄美ら海  
名護バスターミナル  
ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄  
ヒルトン沖縄北谷リゾート  
ベッセルホテルカンパーナ沖縄  
ホテルオリオンモトブリゾート&スパ  
ホテル日航アリビラ  
ホテルムーンビーチ  
ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート  
ホテルリゾネックス名護  
ムーンオーシャン宜野湾ホテル&レジデンス  
読谷バスターミナル  
ラ・ジエント・ホテル沖縄北谷  
ラグナガーデンホテル  
リザンシーパークホテル谷茶ベイ  
ルネッサンスリゾートオキナワ

これだけのホテルを回っていたら便利と思う方は多いですよね。

宿泊していなくても利用はできますので、ホテル近くの観光地に行きたいって方も便利ですよね。

子供連れでも家族連れでも移動がスムーズで疲れが少ないってその後の観光にも影響するので大事ですよね。

沖縄バス空港リムジンバスの詳細はこちらで確認してください。

↓↓↓↓

那覇空港リムジンバス

4 那覇市内なら「1日乗り放題券」などを活用できる。

沖縄旅行するなら、できれば出費を少しでも抑えたいところ。

でも那覇市内の首里城にも行きたいし、識名園にもいきたい。

夜は国際通り夕食を頂きたいという方も多いのでは。

移動のたびに運賃を払っていたら出費がかさみます。

そんな時におすすめしたいのが那覇バス1日乗り放題のパスポート。

一日那覇バスが乗り放題。

これは観光客だけじゃなく、地元の方もうれしいですね。

祭りの日などは、あっちこっち行くので重宝します。

詳細はこちらで確認してくださいね。

↓↓↓↓

那覇バス1日乗り放題パスポート(一日乗車券)

5 貸切バスならグループで周りを気にせず楽しめる

貸切バスで行きたいところに行く方法もあります。

小さいお子様がいると、泣いたり寝たりと旅行中もあったりしますね。

そんな時にちょっと周りが気になるという方もいると思います。

また移動中もおもいっきり、盛り上がりたいという方にはおすすめです。

ツアーなら貸切バスで回るってイメージですが、個人でも借りれるんですよ。

詳細はこちらで確認お願いします。

↓↓↓↓

沖縄バス

6 1人から大人数の団体旅行まで対応できる。

レンタカーなどでは車両の大きさに制限があります。

その点バスは、大人数に対応できて、周りの目を気にすることなく楽しむことができます。

1人での旅行も路線バスを使い、気の向くままに旅をするのもいいかもしれませんね。

沖縄は修学旅行や外国の方で団体で貸切するかたも多いですね。

ツアーなどでバスが5~6台連なっているのをよく見かけたりしますね。

7 地元の生活に触れ合える

路線バスは生活の足でもあるので、路線バスにのれば、自然と地元の方も乗ってきます。

その時の運転手とのさりげない会話などから、地元の雰囲気を感じることもできるでしょう。

また、隣に座ったご老人に沖縄の昔話を聞くのもまた楽しいものです。

時間帯によっては学生さんが入ってきたりして活気があります。

小学生ぐらいの子どもさんには、地元の方と触れ合う路線バスの旅もおすすめですね。

関連記事

↓↓↓

まとめ

沖縄での移動に悩んでいる方に参考にして欲しいと思い記事を書きました。

沖縄の事情も入れてますので、旅の参考になればと思っています。

バスのメリットやデメリットいろいろあると思いますが、沖縄を楽しんでくださいね。

 

合わせて読みたい

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

沖縄出身、沖縄育ち、那覇市在住のKuuがお伝えしました。

またんめんそーれー。(またお越し下さいね)

 

広告

 

関連コンテンツはこちら



広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。