子連れ沖縄旅行での水着は何が良いか?ビーチの特徴を知る!

広告




こんにちはKuuです。

お子さんと沖縄旅行の楽しみの一つに海やプールに入るってことがあると思います。

初めて入る海の塩の匂いや砂の感覚は子供にとって良い刺激になることでしょう。

内の子供も初めて海に足を付けただけで大泣きしていましたが、今では海が大好きになりました。

沖縄の海やプールに入る時の注意点や水着選びのコツを書いてみました。

あとあったら良いなと思うグッズも載せてみましたので参考にして下さいね。

沖縄在住者の目線で書きますのでよろしくお願いします。

広告

 

沖縄のビーチの特徴

沖縄は島なので四方を海で囲まれています。

当然ビーチはたくさんありますね。

ビーチといってもいろんなタイプがあります。

ホテルなどが管理しているビーチなどは、安全に遊べる遊泳ゾーンが設けられていて、監視員も居るので比較的安全に遊ぶことができます。

以前ほどビーチで泳ぐ方が少なくなっているので、混雑と言う状況はあまりないです。

現在はビーチよりプールで泳ぐ方が増えていますね。

あとは、下の画像のようにだれも管理していないビーチ。

Kuu

沖縄ではイチャンダビーチとも言います。

方言で適当って感じですかね。

人は少なくていいんですが、遊泳ゾーンがなく、だれも管理していないので、管理人も居ません。

よって危ないので、おすすめできません。

こういうビーチは入らないで外から眺めるとか、BBQを行うなどして活用しましょう!

ビーチにもよりますが、石やサンゴが多いこともあるので、足を切らないようにサンダルを履くようにしましょう!

またプラスチックやガラスの破片などがないとも限らないので、安全には気をつけていきましょう。

沖縄の日差しはどれくらい

沖縄の日差しは一言でいうと強いです。

気温はそれほど高くならないんですが、日差しが強いです。

紫外線の量は本土の約1.5倍~2倍もあります。

日最大UVインデックス(解析値)の月別累年平均値グラフ

 

日最大UVインデックス(解析値)の月別累年平均値グラフ

 

出典元:気象庁

夏場は強烈な日差しと紫外線にさらされることになります。

かといって泳げないわけではではないので、時間帯を選んでいきましょう!

広告

 

お勧めの時間帯

沖縄旅行でビーチで泳ぐ時間帯を考えてみましょう。

まず朝はどうでしょうか?

夏場は6時前には明るいのでこの時間はビーチで散歩するのがおすすめです。

Kuu
朝のビーチはマイナスイオンで心も洗われ、しっとりとした空気に包まれています。

海の水はまだ冷たいので、入るよりも散歩がベスト!

朝食を済ませたあとはどうでしょうか?

10時~16時頃までは日差しはきついです。

あまりおすすめできません。

この時間は他の観光地にいくか、プールで泳ぐのをおすすめします。

Kuu
日焼けしすぎたら数日後に皮膚がむけてくるよ!

夕方の日も落ちかけてくる16:00以降に入るのが夏はベストの時間です。

この時間だと、紫外線も幾分弱まっています。

海水温度もまだ温かいので、適温で泳ぐことができます。

お子様も海に抵抗なく入れるかもしれませんね。

砂遊びもこの時間なら、比較的長く行う事ができます。

Kuu
沈みゆく夕日をバックにお子様の笑顔がみれる沖縄旅行のハイライトになるでしょうね!

夕日が沈んで暗くなるまで、ビーチはロマンチックな雰囲気に包まれます。

BBQやテラスでの食事など思い思いの時を過ごしてください。

夜のビーチで泳ぐのはもちろんできません。

波の音を聞きながら、子供と語らう、またミニコンサートで楽しむなどで過ごすのもいいですね。

 

スコールと台風について

沖縄旅行で気になるのが台風ですね。

滞在中に台風が来た時は、ホテルに籠りっきりになりますね。

最近の台風は発生して2日後に接近と言うのも増えています。

大きなホテルだとイベントなどがあるのでいいんですが、小さい所だと時間を台風が通過するのをただ待つだけですので、ホテル選びも大事なポイントです。

夏場はスコールが頻繁に発生します。

最近は全国的にありますが、沖縄でも多いです。

バーッと振ってサッとはれるイメージですね。

ですので折りたたみ傘や濡れてもすぐに乾く服装が良いです。

おすすめの水着

ビーチで紫外線からお子様を守るためにもラッシュガードは必需品です。

海では、すぐに見つけやすい柄がおすすめです。

帽子も必須アイテムですね。

大人向けも紹介します。

パパ向けの水着は着やすく脱ぎやすく。

沖縄リゾートなのでいつもと違って少しは派手にしてはいかがですか?

Kuu
水着の柄でもテンションがかなり変わるよね

ママは子連れ

あれば助かるグッズ

浮き輪

サンダル

サングラス

帽子

ワンタッチテント

日焼け止め

水中メガネ

合わせて読みたい

まとめ

  • 沖縄のビーチでは遊泳区間があり、監視員のいるビーチで遊びましょう。
  • 日中の日差しはハンパないので夕方ごろ、海に入るのをおすすめします。
  • 紫外線対策はしっかり行いましょう。
  • 他のアイテムやグッズなどをうまく活用しましょう。

子連れ沖縄旅行をぜひ楽しんで下さいね!

何かあれば問い合わせから質問してもいいですよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

広告

 

関連コンテンツはこちら



広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。