子連れ沖縄旅行にレンタカーで観光するメリットを解説

広告




こんにちはKuuです。

沖縄に観光で来られたことはありますか?

移動手段で困った事はありませんか?

今沖縄では観光客の足が問題になっています。

この記事では沖縄のレンタカー事情について説明したいと思います。

この記事を読んでわかること

  • 沖縄の交通事情
  • 沖縄のレンタカー事情
  • メリットを解説
  • Kuuおすすめ

広告

沖縄の交通事情

まず先に沖縄の交通事情を確認しましょう。

沖縄には電車がないので当然車が中心になります。

沖縄都市モノレールができはしましたが、那覇市内限定なので使う方は限られています。

観光客には便利かも知れませんが、那覇市以外の場所にいくとなると他の交通機関が必要です。

となるとバスを思うかも知れませんが、沖縄のバスは時間にルーズと言われています。

現在は大分よくなったと思いますが、遅れてくることは多いです。

その原因は慢性的な渋滞です。

沖縄は電車がない分、車での移動が多くなります。

そのため町には車が溢れ渋滞になってしまいます。

今鉄道を通そうと計画されているみたいですが、いつになるかはわかりませんね。

レンタカー事情

沖縄県のレンタカー事情を説明します。

沖縄に来る観光客の移動手段で一番多いのがレンタカーです。

最近は特に多くなったように感じます。

なぜレンタカーが人気なのか。

ずばり安いからです。

ツアーの内容に組み込まれているのがほとんどです。

中には1日1000円のプランもあるほどです。

それと今は、ほとんどの車種にカーナビが付いているので道に迷うことはありません。

すごく便利ですよね。

好きな目的地に自分の好きなタイミングでいけるってのは魅力です。

バスだと、どうしても集合時間があるから、子供がぐずった時等は大変。

時間に間に合わせないといけないので、あせったり、イライラしたり、心に余裕がなくなりますよね。

ですから、子供連れにはおすすめですね。

 

広告

レンタカーのメリット

レンタカーのメリット、デメリットを確認しましょう。

・レンタカーのメリット

  1. 自由度が高い
  2. 安い
  3. カーナビがあり便利
  4. 5人以内の人数にピッタリ
  5. 大きな荷物を抱えている
  6. 赤ちゃんや子どもがいる方
  7. 障害や高齢者の方

一つ一つ確認していきましょう。

1 自由度が高い

とあるんですが、これは自分たちで自分たちのタイミングで移動できるという事です。

これはレンタカーの大きな特徴と言えるでしょう。

例えば、子供がぐずったり、体調を崩した時など、バスなどの待ち合わせ時間を気にすることなく、体調が整ってから出発できます。

また前日の疲れが残っている時などに、ゆっくりしたいと思う事ありますよね。

そういう時にもレンタカーなら自分達の時間で行動できますね。

2 安い

ツアー等であらかじめパックに入っているものもあるので、安く借りられます。

レンタカーは基本満タン返しなんですが、会社によっては、給油なしでもOKという所もあるのでチェックしてみて下さい。

3 カーナビがあり便利

ほとんどの車にカーナビが標準で装備されています。

ですのでわからない場所までカーナビが案内してくれるので、道に迷う事はあまりありません。

カーナビの操作も、人気の観光地はすでに登録されていることが多いので、あとはカーナビ通りにいけば、問題ありません。

距離や到着目安時間、最新のものは、グルメ情報などもあるのでうまく利用したいですよね。

4 5人以内の人数にピッタリ

レンタカーが5人以内といのがほとんどなんですね。

大人数になれば、ワンボックスタイプのを借りなければいけませんが、台数も限られていますし、値段も高くなります。

5人以内の利用が沖縄では需要が多いので、車種やグレードも豊富にあるので、自分達に合った車を選選べやすくなります。

大人数の方は、大口で予約が入ることが多いので、前もっての予約が必要になります。

その際はバスを貸し切った方が早いし、安い場合もあります。

5 大きな荷物を抱えている方

最近那覇ではキャリーバッグを引っ張っている方を良く拝見します。

朝からバス亭まですごく大きな荷物を持ったりしています。

こういう時にレンタカーなら、トランクに仕舞えばそれでおしまい。

出したい時にもすぐにとり出せます。

大きな荷物を持って、バスやモノレールに乗るのは大変。

せっかくの旅行が疲れてしまいますよね。

あと周りの乗客に迷惑になっていないかなぁーと心配してしまいます。

そんな気づかれから夜はベッドにバタンキューとなってしまうかもしれません。

特に小さいお子様を連れての旅行は、荷物が多くなりがち!

移動時間だけでもゆったり子どもと触れ合いたいと思いますよね。

6 赤ちゃんや子供がいる方

繰り替えしになりますが、赤ちゃんや子供さんがいる方にとってレンタカーはおすすめです。

例えば、小さいお子様が、眠る際にも一つの個室みたいなものなのですので周りに気を使わな済みます。

私も1歳の子供を連れてレンタカーを借りたことがあるんですが、疲れて眠った時に慌てず落ち着いてから出発できたことはとても良かったです。

旅先での運転だったので、少し疲れていたので、私も一緒に休むことができました。

結局家族4人全員寝てとても気分がリフレッシュされ「じゃあーいくよー」と元気になりました。

何かあれば自分達の、空間を持っているのはとても助かります。

7 障害のある方や高齢者の方

足に障害があったり、ご高齢の方が旅行に行く際に、ハンデとなるのが、移動の時に多くありますよね。

沖縄のバスも低床バスと言って、車高が低く乗りやすいバスがあるんですが、まだまだ数は少ないです。

自分達が乗りたいタイミングに低床バスがくるかもわかりません。

モノレールも車両をまたぐ時に「落ちたらどしよう」と不安になると思います。

レンタカーなら自分のタイミングで乗れるので、とても安心。

また最近は福祉車両も充実しているので、車イスごと乗れるタイプもありますよ!

周りの方に助けてもらうのはうれしいけど、何か気が引けるって方も多いと思います。

そういう方には福祉車両がぴったりですね。

関連記事

↓↓↓↓

沖縄のバス事情?子供連れなどいろんなメリットを解説

まとめ

沖縄の移動手段に迷っている方はこの記事を参考にして頂ければと思います。

日本全国同じことがいえるかと思いますが、沖縄の事情も入れて書きました。

一つの交通手段にこだわらなくてもいいかなと思います。

Kuuのおすすめは空港から首里城まではモノレールで行き、そこからレンタカーで移動する方法を紹介したいです。

まず初めに首里城は世界遺産なので行きたい方も多いと思います。

そこでレンタカーで行こうと思えば、借りるまでに

  1. 営業所までいくバスを待つ。(20分)
  2. バスで営業所まで行く(15分)
  3. 手続きの時間を待つ(30分)
  4. 手続きを行う(15分)

現状これだけの時間が掛るんですね。

繁忙期は2時間掛ることもあるそうです。

これだと時間がもったいないし、疲れてしまうと思いませんか。

空港から首里城まではゆいレールで移動し楽しんだ後は、首里城近くでレンタカーを借りる。

空港以外の営業所は比較的空いています。

きちんと予約すれば短時間での引き渡しが可能です。

帰りも空港の駐車場はいっぱいですので止めれるか不安ですよね。

首里で返却しモノレールで空港行くもよし、国際通りで買い物するもよし。

うまく組み合わせる事で旅行をもっと充実させることもできそうですよね!

Kuuのおすすめ移動手段でした。

航空券+宿泊+レンタカーのおすすめサイト

↓↓↓↓

合わせて読みたい

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

沖縄出身、沖縄育ち、那覇市在住のKuuがお伝えしました。

またんめんそーれー。(またお越し下さいね)

関連リンク

 

広告

 

関連コンテンツはこちら



広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。