子連れ沖縄旅行にレンタカーで観光する際のデメリットを解説

広告




こんにちはKuuです。

沖縄に観光で来られたことはありますか?

移動手段で困った事はありませんか?

今沖縄では観光客の足が問題になっています。

この記事では沖縄のレンタカー事情について説明したいと思います。

この記事を読んでわかること

  • 沖縄の交通事情
  • 沖縄のレンタカー事情
  • デメリットを解説
  • Kuuおすすめ

広告

沖縄の交通事情

まず先に沖縄の交通事情を確認しましょう。

沖縄には電車がないので当然車が中心になります。

沖縄都市モノレールができはしましたが、那覇市内限定なので使う方は限られています。

観光客には便利かも知れませんが、那覇市以外の場所にいくとなると他の交通機関が必要です。

となるとバスを思うかも知れませんが、沖縄のバスは時間にルーズと言われています。

現在は大分よくなったと思いますが、遅れてくることは多いです。

その原因は慢性的な渋滞です。

沖縄は電車がない分、車での移動が多くなります。

そのため町には車が溢れ渋滞になってしまいます。

今鉄道を通そうと計画されているみたいですが、いつになるかはわかりませんね。

レンタカー事情

沖縄県のレンタカー事情を説明します。

沖縄に来る観光客の移動手段で一番多いのがレンタカーです。

最近は特に多くなったように感じます。

なぜレンタカーが人気なのか。

ずばり安いからです。

ツアーの内容に組み込まれているのがほとんどです。

中には1日1000円のプランもあるほどです。

それと今は、ほとんどの車種にカーナビが付いているので道に迷うことはありません。

すごく便利ですよね。

好きな目的地に自分の好きなタイミングでいけるってのは魅力です。

バスだと、どうしても集合時間があるから、子供がぐずった時等は大変。

時間に間に合わせないといけないので、あせったり、イライラしたり、心に余裕がなくなりますよね。

ですから、子供連れにはおすすめですね。

 

広告

レンタカーのデメリット

レンタカーのデメリットを確認しましょう。

・レンタカーのデメリット

  1. 空港から営業所に行かなければならない。
  2. 借りるまでに時間が掛る。
  3. 事故に合うと旅行が台無し。
  4. 運転免許所を持ってないといけない。
  5. 駐車場が気になる。
  6. 土地勘がない方は不安

一つ一つ確認していきましょう。

1 空港から営業所に行かなければならない

待ちに待った旅行で沖縄の那覇空港に到着しました。

南国気分でテンションは上がりっ放し。

「さぁーレンタカー借りていくぞー」

ここまではいいんですが、空港にレンタカーがある訳ではありません。

レンタカー会社の営業所までいかなければなりません。

ここで1回テンション下がる方多いです。

なぜかというと、個人で旅行しているのにも関わらず、団体で旗を持ったスタッフの後をついていかなければならない。

中には「こういう団体行動が苦手だからレンタカー借りたんですが」と言いたくなる人もいるでしょう。

繁忙期は満員の車両に、大きな荷物を詰め、営業所まで移動しなければならない。

しかもすぐにバスがこればよいが、30分程待ってやっと乗車できる時もあるのです。

まだ安心はできません。

那覇空港から営業所までいかなければなりませんが、空港周辺は渋滞も激しいので、それなりの時間が掛かります。

平均20分ぐらいですかね。

やっと到着したころには、少し疲れてる方もいるかもしれませんね。

 

2 借りるまでに時間が掛かる

営業所に到着した後には借りる手続きを行わなければなりません。

繁忙期には営業所に多くのお客さんがいて一人ずつ契約を交わしていくので時間が掛かりますよね。

免許証の確認したり、住所を書いたり、支払したり。

あと保険の説明や、傷のチェックなど結構時間が掛かってしまいます。

すべてが終わったころには、到着から2時間経っていた・・・なんてことも。

出発前に説明は確認して、現地では省略できたりして、時間の短縮方法もありますので、各営業所に確認してみて下さい。

レンタカーを借りる方は、結構タイトなスケジュールを組んでる方が多いので、レンタカーを借りる時間もしっかり確認してスケジュールを組んだらいいと思います。

3 事故にあうと旅行が台無し

当然ですが、事故に遭遇すると、折角の旅行が台無しになります。

最近の沖縄は、外国人の観光客の事故が増えてきています。

事故の対応に時間も労力、時には治療費などのお金も掛かります。

沖縄の人は車の運転が荒いとよく言われますが、そんなことはないです。

一部の方の運転マナーが悪いのは確かにあります。

でも普通に運転してれば気になりません。

一般道路に米軍の大きな車両や戦車などがたまに通りますが、まれです。

事故に合わないように、また合っても困らないように保険には入っといた方が良いですね。

4 運転免許証をもっていないといけない

当然ですが、運転免許証を持っていないと借りれません。

持っていない方は、バスやモノレールの利用がおすすめです。

旅行する時は、最低でも2人以上の方を運転手として登録して下さいね。

一人だと体調が悪くなったりしたら、車を置いて他の交通機関を利用しなければならないので、大変です。

運転手が多ければ交換しながらできるのでおすすめですね。

5 駐車場が気になる

車を運転する人は駐車場が気になるんですよね。

まず駐車場があるのか?

何台くらい止められるのか?

満車の時は別に駐車できる所はあるのか?などです。

観光地はだいたい駐車場はあると思われますが、小さな飲食店にいった時などが心配になりますよね。

確かに、おいしい飲食店で駐車場が少ないお店は多いです。

駐車の順番待ちなどもあったりします。

前もって駐車場の広さ等を確認しておいた方がよさそうですね。

最近は予約もできる所もあるみたいですよ。

 

6 土地勘がない方は不安

見知らぬ土地に来て目的地にどういう風にいけばいいんだろう。

地図を広げたり、地元の人に聞いたりしますね。

最近はカーナビも標準装備されているので、そんなに気にしなくてもいいと思いますが、バスなどと違って自分で運転していくってことですね。

バスやモノレールはバス停や駅などの目的地まで確実に連れて行ってもらいます。

自分で運転とるとそうはいきません。

カーナビが付いてなかったり、壊れたりしたら困ってしまいますね。

旅行にはトラブルは付き物ですが、できれば避けたいですね。

航空券+宿泊+レンタカーのおすすめサイト

↓↓↓↓

 

こちらの記事も参考にしてね

↓↓↓↓

まとめ

沖縄の移動手段に迷っている方はこの記事を参考にして頂ければと思います。

日本全国同じことがいえるかと思いますが、沖縄の事情も入れて書きました。

一つの交通手段にこだわらなくてもいいかなと思います。

Kuuのおすすめは空港から首里城まではモノレールで行き、そこからレンタカーで移動する方法を紹介したいです。

まず初めに首里城は世界遺産なので行きたい方も多いと思います。

そこでレンタカーで行こうと思えば、借りるまでに

  1. 営業所までいくバスを待つ。(20分)
  2. バスで営業所まで行く(15分)
  3. 手続きの時間を待つ(30分)
  4. 手続きを行う(15分)

現状これだけの時間が掛るんですね。

繁忙期は2時間掛ることもあるそうです。

これだと時間がもったいないし、疲れてしまうと思いませんか。

空港から首里城まではゆいレールで移動し楽しんだ後は、首里城近くでレンタカーを借りる。

空港以外の営業所は比較的空いています。

きちんと予約すれば短時間での引き渡しが可能です。

帰りも空港の駐車場はいっぱいですので止めれるか不安ですよね。

首里で返却しモノレールで空港行くもよし、国際通りで買い物するもよし。

うまく組み合わせる事で旅行をもっと充実させることもできそうですよね!

Kuuのおすすめ移動手段でした。

合わせて読みたい

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

沖縄出身、沖縄育ち、那覇市在住のKuuがお伝えしました。

またんめんそーれー。(またお越し下さいね)

関連リンク

 

広告

 

関連コンテンツはこちら



広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。