子連れ沖縄旅行でタクシーを使うメリットはどんなことがあるの!

広告




こんにちはKuuです。

子供連れの家族旅行っていいですよね。

子供の心に沖縄の思いでが深く刻みこまれると思います。

沖縄の交通情報などおさらいしてタクシーについて見ていきましょう。

この記事を読んでわかること

  • 沖縄の交通事情
  • タクシーのメリット
  • 沖縄のタクシー事情
  • Kuuおすすめ

広告

観光客の移動手段は何があるか

  1. レンタカー
  2. バス
  3. モノレール
  4. レンタサイクル
  5. タクシー

大きく分けてこんな感じになると思います。

それぞれでメリットやデメリットがあると思います。

また旅行の人数や目的地などによってもどの交通機関がいいか変化してくるんじゃないかな。

基本的に沖縄は車社会ですので、渋滞は多いです

めんどくさがりな県民性もあり、徒歩で行動することは少ないです。

近くのコンビニまでも車で行くほどです。

もちろん全員に当てはまる訳ではないですが、習慣になっています。

そんな沖縄の県民性や特徴を見ながらどれを選んだらよいか、考えてみてくださいね。

 

広告

沖縄のタクシー事情

沖縄旅行での移動手段をどうしようか、悩んだりしますよね。

特に子連れの方などは、子供の事も考えないといけないので、気になりますね。

移動だけで疲れたり、ぐずったりすると、その後の旅行にも影響してきますよね。

ですから、移動手段はしっかりと選びたいものですね。

沖縄在住者の私Kuuが、沖縄のタクシー事情を書いていきます。

まず沖縄は車社会ということです。

モノレールが開業する前までは、駅等はありませんでした。

ですので、移動はほとんど車が主流です。

1家に1台というよりか、1人1台と言ったほうがよいでしょう。

都市部、特に那覇市の方は私の感覚としてタクシーを使うことはあります。

那覇市以外の方は、あまり使いません。

那覇市内は流しのタクシーも多いのですぐに、掴まりますが、那覇市以外では流しは少ないです。

よってタクシーを呼ぶことが多いですね。

一時前まで、タクシーの運転はとても荒かったです。

一時よりは良くなってますが、正直現在も荒い運転手の方はいます。

あとタクシーを一日貸切ったり、時間で貸切ったりできます。

タクシー料金
小型 初乗り~1,75km 500円 349m毎
60円+
中型 初乗り~1,75km 510円 353m毎
70円+
大型 初乗り~1,75km 550円 345m毎
80円+

上記は沖縄の基本の料金です。

会社によっては若干違いがある可能性もありますがほぼこの料金です。

東京に比べると大分やすいですね。

近い場所なら、家族4人でモノレール乗るよりタクシーの方が圧倒的に安いし早いです。

そんなタクシーのメリットを見てみましょう。

 

沖縄旅行でタクシーを使うメリット

  1. どこからでもすぐに乗れる
  2. 土地勘がなくても目的地に着くことが出来る
  3. 運転免許がなくてもOK
  4. 貸切することもできる。
  5. 運転手からの地元情報が聞ける(タクシー運転手が知っているおいしい地元のお店など
  6. 地元の生活に触れ合える

1 どこからでもすぐに乗れる

沖縄の那覇空港に到着しました。

青い空、深い海、これからどんな観光が待っているんだろ。

ウキウキが止まらない状態だと思います。

これから移動する際にタクシーなら空港を出てっすぐにタクシー乗り場があります。

近距離と遠距離に分かれているため、自分の目的地に合わせてすぐに乗り込むことが可能です。

荷物もトランクに入れられる為にとても助かります。

小さいお子様の場合は、飛行機で少なからずストレスが掛かっていると思います。

タクシーなら家族の空間なので、「ふゥー」って感じで落ち着いた雰囲気に安心できますね。

那覇市内なら流しのタクシーも多いので、すぐに乗ることができます。

今の時代はスマートフォンでも直ぐに呼べるので、乗れないってことは少ないと思います。

雨の日は少し混んでいるので早めに呼んだ方がいいですね。

主なタクシー会社の電話番号を載せてみました。

空いている時は3分程で到着しますよ。

沖縄那覇周辺無線タクシーグループ
沖東交通無線 0120-21-5005
三和交通無線 098-867-0543
沖縄交通無線 0120-17-0978
ペンギン無線 098-936-1133
那覇第一交通共同無線 0120-78-0124

 

時間の短縮は旅行には大事な要素だと思うので、タクシーの検討もおすすめですね。

2 土地勘がなくても目的地に着くことができる

タクシーは運転手が連れていってくれるので、土地勘がなくても確実に目的地に着くことができます。

ところが、レンタカーの方は、カーナビがきちんと作動していれば問題ないですが、壊れてしまったら自分でいかなければならず、手間と時間が掛かります。

土地勘のない方はとても大変な作業になってしまいすね。

旅行の工程にも変更が出るかもしれません。

子供も長いことタクシー車に乗っていると、飽きてきたり、ぐずってきたりするので効率的に移動したいものですね。

混んでいても地元の運転手なら迂回したり、別の案も提示できることもあると思います。

 

3 運転免許がなくても大丈夫

運転免許がなくても、もちろんOKですね。

レンタカーだと運転免許証は必須ですね。

タクシーなら気にすること無いので安心ですね。

モノレールやバスも運転免許証はいらないので、うまく活用してくださいね。

 

4 貸切することもできる

タクシーを貸切することもできます。

公共交通機関だと、周りが気になるって方も多い思います。

タクシーなら家族の空間を作ることができるので、周りは気になりません。

疲れたら、少し眠ることも出来るし、運転だと楽しみずらい風景を楽しむこともできます。

貸切にもいろんなプランがあります。

空港からホテル、または観光地までの送迎。

時間で行きたいところに自由にいくプラン。

最近の沖縄に来る修学旅行生はこのプランが多くなっています。

タクシー運転者があらかじめ決めた、コースを回るというプランもあります。

結構人気がありますね。

地元の運転手が考えたプランなので間違いは少ないです。

詳細はこちらのサイトがいろいろやってますのでおすすめです。

↓↓↓↓

盛幸タクシーグループ

 

5 運転手から地元情報を聞ける

地元のことは地元の方が良く知っていますよね。

最近は観光の雑誌、ネットの情報などいろんな情報源がありますが、タクシー運転手の情報も貴重です。

特に地元のグルメ情報などは、重宝します。

他にも地元情報を教えてくれるのでうまく活用できると思いますよ。

穴場的なビーチも実際にありますので、運転手の方にいろいろ聞いちゃおう!

 

6 地元の生活に触れ合える

タクシーの運転手は地元の方がほとんどですので、話し方やイントネーションなど特徴があります。

また、車内でラジオから沖縄の音楽や情報が流れたりしてきます。

交通事情やさりげない話の中に沖縄を感じることができると思います。

今回タクシーのメリットを書かせて頂きました。

もちろん他にもいろいろあります。

楽しい沖縄観光をして頂きたいとの思いから書かせて頂きました。

ぜひ楽しく思い出に残る観光にしてもらいたいですね。

関連記事

↓↓↓↓

まとめ

沖縄の移動手段に迷っている方はこの記事を参考にして頂ければと思います。

日本全国同じことがいえるかと思いますが、沖縄の事情も入れて書きました。

一つの交通手段にこだわらなくてもいいかなと思います。

Kuuのおすすめは空港から首里城まではモノレールで行き、そこからレンタカーで移動する方法を紹介したいです。

まず初めに首里城は世界遺産なので行きたい方も多いと思います。

そこでレンタカーで行こうと思えば、借りるまでに

  1. 営業所までいくバスを待つ。(20分)
  2. バスで営業所まで行く(15分)
  3. 手続きの時間を待つ(30分)
  4. 手続きを行う(15分)

現状これだけの時間が掛るんですね。

繁忙期は2時間掛ることもあるそうです。

これだと時間がもったいないし、疲れてしまうと思いませんか。

空港から首里城まではゆいレールで移動し楽しんだ後は、首里城近くでレンタカーを借りる。

空港以外の営業所は比較的空いています。

きちんと予約すれば短時間での引き渡しが可能です。

帰りも空港の駐車場はいっぱいですので止めれるか不安ですよね。

首里で返却しモノレールで空港行くもよし、国際通りで買い物するもよし。

うまく組み合わせる事で旅行をもっと充実させることもできそうですよね!

Kuuのおすすめ移動手段でした。

合わせて読みたい

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

沖縄出身、沖縄育ち、那覇市在住のKuuがお伝えしました。

またんめんそーれー。(またお越し下さいね)

 

広告

 

関連コンテンツはこちら



広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。