沖縄の交通手段や移動手段で便利なのは?レンタカーじゃないと不便?

広告




こんにちはKuuです。

沖縄に観光で来られたことはありますか?

移動手段で困った事はありませんか?

今沖縄では観光客の足が問題になっています。

移動が不便ということです。

沖縄は電車がない為、移動手段が車が主なんですが、それにも問題があります。

沖縄の交通事情を勉強しましょう。

最後にKuuおすすめの移動手段を紹介しますよ!

この記事を読んで沖縄の交通事情を把握して、効率よく移動しましょうね.

 

この記事を読んでわかること

  • 沖縄の交通事情
  • 各交通機関のメリット
  • 各交通機関のデメリット
  • Kuuおすすめ
  •  

広告

観光客の移動手段は何があるか

  1. レンタカー
  2. バス
  3. モノレール
  4. レンタサイクル
  5. タクシー

大きく分けてこんな感じになると思います。

それぞれでメリットやデメリットがあると思います。

また旅行の人数や目的地などによってもどの交通機関がいいか変化してくるんじゃないかな。

基本的に沖縄は車社会ですので、渋滞は多いです

めんどくさがりな県民性もあり、徒歩で行動することは少ないです。

近くのコンビニまでも車で行くほどです。

もちろん全員に当てはまる訳ではないですが、習慣になっています。

そんな沖縄の県民性や特徴を見ながらどれを選んだらよいか、考えてみてくださいね。

 

広告

各交通機関のメリットデメリット

1 レンタカー

「レンタカー」の画像検索結果

出典元:スカイレンタカー

 

沖縄に来た観光客が多く使う、交通手段はレンタカーが一番多いですね。

ほとんどの観光地にはレンタカーを表すナンバーの「わ」や「れ」が並んでいます。

駐車場にこのナンバーが並んでいると「今日は観光客が多いねー」となる訳ですね。

・レンタカーのメリット

  1. 自由度が高い
  2. 安い
  3. カーナビがあり便利
  4. 5人以内の人数にピッタリ
  5. 大きな荷物を抱えている
  6. 赤ちゃんや子どもがいる方
  7. 障害や高齢者の方

・レンタカーのデメリット

  1. 空港から営業所に行かなければならない。
  2. 乗れるまでに時間が掛る。
  3. 事故に合うと旅行が台無し。
  4. 運転免許所を持ってないといけない。
  5. 駐車場が気になる。
  6. 土地勘がない方は不安

航空券+宿泊+レンタカーのおすすめサイト

↓↓↓↓

 

2 バス

 

「バス」の画像検索結果

出典元:琉球バス交通

 

沖縄の方は路線バスはあまり利用しません。はっきり言って。

なぜなら、車中心の社会だからです。

どうしても渋滞して時間に間に合わないことが多いんですね。

とはいっても、もちろん使う方もいます。

最近は新システムでバスが優先になったりしたり、新バスターミナルができて機能的に良くなっています

・バスのメリット

  1. 沖縄本島ほぼ全域を網羅しているのでどこでも行ける
  2. 観光スポットをピンポイントで巡る定期観光バスで効率よく回れしかも安い
  3. 空港リムジンバスを使えばホテルなどから直行で空港まで行けて便利
  4. 那覇市内なら「1日乗り放題券」などを活用できる。
  5. 貸切バスならグループで周りを気にせず楽しめる
  6. 1人から大人数の団体旅行まで対応できる。
  7. 地元の生活に触れ合える。

関連記事

↓↓↓↓

・バスのデメリット

  1. 定刻の時間にバスが来ない時がある。
  2. 渋滞に巻き込まれる。回避できにくい。
  3. 目的地からバス停までが遠い時がある。

 

 

3 モノレール

沖縄都市モノレール線車両 (2003年8月、赤嶺駅にて)

出典元:Wikipedia

 

 

沖縄都市モノレール、通称ゆいレール。

開業は平成15年8月10日。

那覇市内のみ運行しています。

最近では通勤や通学に利用している方も増えています。

沖縄在住の方で使ってる方は少ないかも。

那覇市内だけなので限定的なんですね。

観光客の方もこの点を踏まえての利用ということになります。

・モノレールのメリット

  1. 空港直結
  2. 那覇市内で観光を行いたい(首里城等)
  3. 3人~5人の旅行に向いている
  4. 那覇市内の風景や高度差を感じることができる
  5. 地元のかたと触れ合える。
  6. 日本最西端と最南端の2駅を制覇できる。

関連記事

↓↓↓↓

・モノレールのデメリット

  1. 那覇市内限定。
  2. 車両が小さい。
  3. まわりに気を使う。

 

4 レンタサイクル

「レンタサイクル」の画像検索結果

出典元:伊良湖レンタサイクル

 

沖縄でも少しずつ自転車が増えてきているのが、町中を歩けば気ずきます。

再三申し上げてますが、沖縄は車社会なので、自転車も普及していませんでした。

最近でこそ少しずつ増えていますが、自転車に乗って買い物などはまだまだ少ないですね。

・レンタサイクルのメリット

  1. 自転車好きな方にはピッタリ。
  2. 細かいところまで行きたい方(市場など)
  3. 1人旅をしたい方。

・レンタサイクルのデメリット

  1. 自転車が乗れないといけない
  2. 体力がないと厳しい。
  3. 遠くまではいけない。
  4. 駐輪場が整備されていない。

 

レンタサイクルおすすめ

↓↓↓↓

5 タクシー

「タクシー 沖縄」の画像検索結果

出典元:沖縄交通

 

沖縄の方はこの乗り物がとても好きな方は多いと思います。

特に那覇の方は!

やはり便利がいいですよね。値段は高めですが。

交通渋滞にもよりますが、うまく活用したいですね。

タクシーのメリット

  1. どこからでもすぐに乗れる
  2. 土地勘がなくても目的地に着くことが出来る
  3. 運転免許がなくてもOK
  4. 貸切なら気分次第で行きたいところにいける。
  5. 運転手からの情報も聞ける(タクシー運転手が知っているおいしい地元のお店など
  6. 地元の生活に触れ合える

関連記事

↓↓↓↓

・タクシーのデメリット

  1. 料金が高い
  2. 運転手が荒い時がある。
  3. 貸切の場合は運転手によって大きな差が出てくる。

 

まとめ

沖縄の移動手段に迷っている方はこの記事を参考にして頂ければと思います。

日本全国同じことがいえるかと思いますが、沖縄の事情も入れて書きました。

一つの交通手段にこだわらなくてもいいかなと思います。

Kuuのおすすめは空港から首里城まではモノレールで行き、そこからレンタカーで移動する方法を紹介したいです。

まず初めに首里城は世界遺産なので行きたい方も多いと思います。

そこでレンタカーで行こうと思えば、借りるまでに

  1. 営業所までいくバスを待つ。(20分)
  2. バスで営業所まで行く(15分)
  3. 手続きの時間を待つ(30分)
  4. 手続きを行う(15分)

現状これだけの時間が掛るんですね。

繁忙期は2時間掛ることもあるそうです。

これだと時間がもったいないし、疲れてしまうと思いませんか。

空港から首里城まではゆいレールで移動し楽しんだ後は、首里城近くでレンタカーを借りる。

空港以外の営業所は比較的空いています。

きちんと予約すれば短時間での引き渡しが可能です。

帰りも空港の駐車場はいっぱいですので止めれるか不安ですよね。

首里で返却しモノレールで空港行くもよし、国際通りで買い物するもよし。

うまく組み合わせる事で旅行をもっと充実させることもできそうですよね!

Kuuのおすすめ移動手段でした。

合わせて読みたい

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

沖縄出身、沖縄育ち、那覇市在住のKuuがお伝えしました。

またんめんそーれー。(またお越し下さいね)

 

広告

 

関連コンテンツはこちら



広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。