子連れ沖縄旅行に必要な持ち物や必需品また便利なグッズを紹介!

広告




こんにちはKuuです。

沖縄旅行を計画しているあなたは今どういう気持ちですか?

どんな観光地に行こうかなとか、食事はどうしようとか考えている方が、多いと思います。

また中には、何を持っていったらいいんだろうか?

と少し悩んでいる方もいると思います。

この記事では子連れ沖縄旅行で何をもっていったらよいか考えてみます。

広告

 

この記事を読んでわかること

  • 沖縄の基本情報
  • 基本情報を踏まえた持ち物
  • 子供の持ち物
  • 大人の持ち物
  • 便利グッズ

 

 

この記事を読んで欲しい方

  1. 子連れ沖縄旅行を計画している方
  2. 沖縄旅行に興味を持っている方
  3. 沖縄旅行が決まっている方
  4. 沖縄旅行の持ち物で迷っている方
  5. 旅行が好きな方

 

沖縄旅行の基礎的な状況を確認しましょう

沖縄の冬から年間を通した平均気温図

出典元:気温と雨量の統計

上記の図が沖縄県の平均気温と降水量です。

7月や8月が一番暑くて平均は30度いかないくらいですね。

平均なので日によっては30度を超える日も当然ありますね。

越えると言っても34度くらいまでで、40度くらいまで暑くなることはありません。

平均気温が30度に届かないのはおそらく台風の影響かと思われます。

夏は必ず台風がやってくるので、平均気温が下がっているんだと思います。

最近の台風は2日後とかすぐにやってくることが良くあります。

対応が追い付かずに帰りたい日に帰れなかったなんて話をよく聞きますね。

Kuu
夏は台風対策も必要ですね。

冬の平均気温は15度前後ですが、沖縄の人にとってはとても寒いです。

あと四方を海に囲まれているだけあって、湿気がすごいです。

女性は湿気でお肌が潤うって方もいると思いますが、熱帯夜で外を歩くと汗が体にまとわる感じですね。

あと季節によっては風も強いです。

みゆちゃん
海沿いでは大人の手をしっかりつないでね。

あと羽田空港からの那覇空港までの平均飛行時間は2時間45分です。

その間に子供が何事もなく過ごせるのか?

飛行機の中での持ち物も考えないといけませんね。

それを踏まえて持ち物を考えていきたいと思います。

季節や時期によっても変わりますが、ここでは年間を通した記事を書きたいと思います。

広告

持ち物リストを作成しました

子どもの持ち物

  • 上着
  • 下着
  • おむつ
  • 帽子
  • おしりふき
  • 歯ブラシ
  • 常備薬
  • エプロン
  • お箸
  • タオル
  • ハンカチ
  • おもちゃうあ絵本
  • おやつ
  • 飲み物
  • 日焼け止め
  • サングラス
  • 水着
  • サンダル
  • 浮き輪
  • ラッシュガード
  • Tシャツ
  • 水中メガネ
  • リュック
  • 虫よけスプレー
  • ポケットティッシュ

大人の持ち物

  • 上着
  • 下着
  • 帽子
  • ビニール袋
  • 常備薬
  • タオル
  • ハンカチ
  • 保険証
  • 薬手帳
  • 飲み物
  • 折り畳み傘
  • お財布
  • 飛行機のチケット
  • 各種入場券や予約表
  • 化粧品
  • 洗面用具
  • 日焼け止め
  • カメラ&充電器
  • ビデオ&充電器
  • 携帯電話&充電器
  • ガイドブック
  • 運転免許証
  • ETCカード
  • サングラス
  • 水着
  • サンダル
  • 浮き輪
  • Tシャツ
  • リュック
  • スーツケース
  • 髭剃り
  • アイマスク

以上は一般的な物を書きました。

まずは旅行に必要な用品を書いてみました

Tシャツは必須と考えています。

基本的に暑いので着る機会は多いです。

観光地やホテルの中、食事する時などに重宝します。

外出する時は日焼け対策を忘れずに。

長袖のTシャツや薄手のカーディガンなどが良いでしょう。

日焼け止めクリームは現地でも買えますが、馴染みのあるものを使いましょう。

旅行中に肌に合わなかったってことが内容に、出発の10日前ぐらいから、手の甲に塗ったりして肌荒れしないか確かめましょう!

Kuu
真夏の紫外線は長時間当たると危険だよ。

サングラスや帽子、日傘などがあれば更によいでしょう。

タオルも持っておいた方がよいです。

汗を拭いたりしますが、スコールもあるので、濡れたカバンなどをすぐに拭けるようにしましょう。

旅行鞄は1人1個持つよりも家族で大きいのを一つ、個人で一つ持つのがベストと考えます。

大きいカバンに衣類や日用品を入れホテルに置いとき、個人のカバンに財布やカメラなど観光に持っていくものを入れると便利ですね。

ビーチに行かない予定でサンダルとか持っていくと荷物になってしまいますよね。

でもビーチも歩くかもしれないと考えると迷ってしまいますが、現地で購入できるものはお土産代わりに購入してもよいかと思います。

日用品や衛生品はもちろん現地にもありますが、こだわりなどある方は持って行った方がベストです。

時期にもよりますが、水着を持っていく方は多いと思いますが、ラッシュガードが良いでしょう。

あとビニール袋は何かと使い勝手があるので、何枚か持っていた方が良いですね。

子供の持ち物を考えよう

子供は飛行機で2時間45分程掛かるフライトに備えましょう。

席は後方の方が良いです。

理由としては、

  1. 何かあればCAさんにすぐに対応してもらえること。
  2. トイレに近いこと。
  3. スペースがある為に動くことができること。

赤ちゃん専用の席がある機種もあるので、予約時に航空会社に確認しておきましょう。

搭乗前のすぐに使いそうなものは持ち込みの荷物に入れときましょう。

例えば、お菓子やおもちゃなどです。

ぐずった時に渡してご機嫌をうかがいましょう。

酔い止めの服用も検討してもいいかもしれません。

みゆちゃん
折り紙やシールもあったらいいな

タブレッドなどにあらかじめ子供が好きな音楽やアプリなどを入れておくのもおすすめですよ。

ほとんどの飛行機でWifiが付いているので、事前に登録しておきましょう。

ポータブルDVDなどお子さんに合わせて準備されてください。

那覇に着くまでの時間を快適に過ごせれば、その後の旅行もスムーズに進むと思いますよ。

レンタカーを借りる方は、CDやUSBを持っていき、車内で好きな音楽を流してテンションを盛り上げるのもいいし、沖縄の音楽で南国気分に浸るのもいいですね。

あと御手拭はあれば重宝します。

子供用の歯ブラシはあまり用意されていないので、持参されることをおすすめします。

 

大人の持ち物を考えてみよう

事前に準備しておいて欲しい重要な物。

  1. 航空券(全員分)
  2. 財布
  3. キャッシュカード
  4. 保険証(全員分)
  5. 常備薬
  6. 手帳や予約表
  7. デジカメとバッテリーや充電器
  8. ビデオとバッテリーや充電器
  9. ETCカード(忘れやすいです)

 

あれば便利なグッズ

沖縄に着くと湿気に驚かれる方も多いと思います。

その際にクールダウンシートで汗を拭きつつ、クールダウンするのもさっぱりするのでいいです。

子供がぐずった時にも使えるのでぜひ持っておきたいものですね。

あと飛行機内で子供がぐずった時に使えるアプリを入れて置くといいですね。

沖縄雑誌を購入するとアプリが付いてくる雑誌とかあるので、上手く使いたいですね。

雑誌を持たずに同じ内容をアプリで見れますので、荷物を減らすことができます。

あまり使わない物

ベビーカー

持っていくか置いていくか、とても悩む物ではないかなあと思います。

レンタルしている施設も多いので必要ないと思います。

抱っこひもなどで対応できるならそれをおすすめします。

ベビーカーは非常にかさばりますので事前に観光地に確認、できれば予約まで行えば安心ですね。

麦わら帽子

日差しを遮る為に大きな麦わら帽子をかぶっている方をよく見ますが、多分どこかの時点で使わなくなると思います。沖縄は風が強いのですぐに飛ばされてしまいます。なのであまりおすすめできません。キャップやハットぐらいが良いかと思います。

空気入れ

浮き輪に空気を入れるために持っていく方がいると思いますが、大概の施設で借りることが出来ます。荷物は少ない方がいいので置いてきても大丈夫です!

まとめ

いかがでしたか。

子連れ沖縄旅行で必要な持ち物や必需品を書いてみました。

季節や時期によって変化すると思うので、その都度確認してください。

子連れの場合は、ぐずった時に使えるもの。

沖縄旅行の場合は、日焼け止めなどが必要になってきますね。

少しでもお役に立てれば幸いです。

沖縄旅行是非楽しんでください。

Kuu
何か沖縄旅行で聞きたいことがあれば、お問い合わせから気軽にお願いします。
みゆちゃん
どんなことでもいいですよ

 

 

広告

 

関連コンテンツはこちら



広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。