子連れ観光客へ冬の沖縄旅行のデメリット4選を在住者が紹介!

広告




こんにちはKuuです。

今日は子連れの方が冬の沖縄ではデメリットになることを書いていこうと思います。

7月~8月にトップシーズンを迎える沖縄では冬は閑散期になります。

冬のメリットもありますが、デメリットもあります。

今日は冬の沖縄旅行のデメリットを考えてみたいと思います。

まずは沖縄の冬事情をおさらいしましょう!

この記事を読んでわかること

  1. 沖縄の冬事情
  2. 夏との比較
  3. 冬に観光するデメリット

こんな方に読んでもらいたい

  • 子連れで沖縄旅行を考えている方
  • 冬に沖縄旅行を計画されている方

広告

沖縄の夏と冬を比べてみましょう!

沖縄の冬から年間を通した平均気温図

 

出典元:気温と雨量の統計

 

まず気温と雨量を比べてみましょう。

夏は平均気温が30度に達する勢いで、しかも日差しも強烈です。

小さな子供さんは長く紫外線に当たると、危険という域にまで達します。

その分冬は平均気温も17度程で、過ごしやすといってもいいくらいですね。

Kuu
17度でも沖縄の人からするとめちゃくちゃ寒いです

8月頃はスコールと台風などで雨量が多くなっていると思われます。

台風が来ると予定を延期しないと行けませんが、冬は台風がやってくることはありませんので、予定を立てやすくなります。

気温と雨量を見ただけでも沖縄の冬は過ごしやすいと感じるはずですよ。

 

出典元:文化観光スポーツ部

平成28年度の沖縄県の入域観光客数です。

トップシーズンの夏場に比べて冬は少ないですね。

8月の一番多い時期より冬の2月はなんと30万人も違います!。

30万人とは、那覇市の人口の数です。

こんなに違うと閑散期がどれほどホテルや観光施設が空いているか想像できますよね。

観光客が少ないということは、値段も安くなるし、人も少ないので待ち時間も短くて済む、渋滞も比較的短い可能性がありますよね!

夏の海やビーチ、などと違う沖縄観光を楽しむなら冬の方がメリットがたくさんあるので、見ていきましょう。

広告

沖縄の冬に子連れ旅行するデメリット

イメージよりかは寒いです

沖縄の冬は温暖なイメージがあると思います。

それは地理的にも本州よりかなり南の方にあります。

雪が降らない地域ということもあるでしょう。

データ的にも冬の平均気温は17度前後ですので、過ごしやすいと思いでしょう。

しかし、実際には結構寒いです。

時期は限られていますが、冷え込む時期があります。

風が強いので、体感温度は更に下がります。

朝方は8度の時もあるので5mの風が吹けば体感温度は3度くらい。

寒いだけなら防寒を行えばいいんですが、たまに暑くもなります。

暑くなるってどれくらいだと思いですか。

25度を超えることもあります。

Kuu
朝夕と日中の温度差が激しいんですよ。
みゆちゃん
その分体調を崩しやすいよね。

小さい子がいると、この温暖差で体調を崩しやすくなります。

せっかくの旅行も体調を崩すと台無し。

服装は以下の記事を参考にしてみてね。

関連記事

↓↓↓↓

 

絶景が絶景じゃなくなる

ちょっと難しい表現ですが、絶景が夏に比べると劣ります。

その原因は日差し不足。

それに伴う海の青さや空の色が薄くなる。

 

Kuu
この時期の沖縄は雨か曇りが多いんですよね。

夏の日差しの中で見る絶景に比べるとやはり見劣りしますね。

もちろん場所によっては絶景が見れます。

みゆちゃん
せっかく沖縄に来てもらったんだから、綺麗な景色をみてもらいたいな。

星空などは空気が澄んでいるから綺麗に見えるはずですよね。

でも子連れでは遅い時間まで起きるのは難しいですよね。

那覇市にプラネタリウムもありますのでぜひ検討してみてくださいね。

 

観光地が空いていないことがある

沖縄は冬は閑散期になります。

閑散期ということは観光客が少ないということですね。

閑散期といってももちろん観光地は営業しています。

ただし通常通りとは限りません。

例えば、営業時間が短くなったり、休館日などが増えたりします。

メンテナンスの時期にあたることもあります。

夏場は観光客も多いので、メンテナンスに多くの時間を取る訳には行きませんよね。

その分冬にメンテナンスを回されることもあります。

次のシーズンに向けての改修なども行われたら結構な期間お休みになったりします。

以下は美ら海水族館の営業時間です。

営業時間

期間 開館時間 閉館時間(入館締切)
通常期 10月~2月 8:30 18:30(17:30)
夏期 3月~9月 8:30 20:00(19:00)
休園日 12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)
今年の休園・休館日:2018年12月5日(水)・6日(木)
海洋博公園の全ゲートが閉まり、公園内に入園できません

夏季に比べると1時間30分も営業時間が短くなっていますね。

観光にきて1時間半はスケジュール的にも大分変ってきますよね。

冬にも休館日が設けられていますね。

今年は大きな改修がないから2日ですが、年によってはもっと長くなることもあります。

事前に観光地や訪れるところはチェックした方が良いですね。

ビーチが閉鎖してしまう

夏の沖縄といえば、ビーチを思い浮かべる方も多いと思いますが、冬は当然ビーチも閉鎖しています。

マリンスポーツは出来ますが、寒いですね。

お子様などは厳しいかもしれません。

ダイビング等は出来ると思いましすが、よほど好きじゃないと出来る水温じゃないですね。

Kuu

私にはちょっとできかねます。

冬のビーチは入るんではなくて、鑑賞するのがおすすめ!

波の音を聞きながら沈みゆく夕日をみて明日への活力にして頂きたい。

みゆちゃん
冬の海だーいすき。

沖縄の人は冬の寒い海が好きな人が多いです。

でもくれぐれも近寄らない様にして下さいね!

 

まとめ

いかがでしたか!

冬の子ずれ沖縄旅行でのデメリットを考えてみました。

沖縄はいいところですので状況に合わせて来ていただきたいですね。

もちろんデメリットを上回るメリットもあります。

 

 

ぜひ冬の沖縄を楽しんでみてくださいね!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

お役立ちリンク

安いレンタカーをお探しの方はこちらで比較出来ますのでお試しください。

関連コンテンツはこちら



広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。