西武ライオンズ山川穂高選手は沖縄県出身?ホームラン王になれるか!

広告




パ・リーグの西武ライオンズの主砲、山川穂高選手は沖縄県那覇市出身の26歳です。

ホームランバッターとして期待されています。

その山川選手がホームラン王になれるか応援しながら追っかけてみたいと思います。

2018年はホームラン王になりました。

広告

 

山川穂高プロフィール

 

那覇市立城北小学校3 – 5年生のいずれか(文献により異なる)の時に野球を始め、「首里マリナーズ」に所属。那覇市立城北中学校時代は硬式の「チームSOLA沖縄」でプレーし、一塁手として全国大会出場経験がある。沖縄県立中部商業高等学校では2年生時の秋から4番・右翼手を務めた。高校通算27本塁打を放った。甲子園出場経験はない。

富士大学では1年生の春から4番を務め、北東北大学野球・秋季リーグでは打点王を獲得した。2年生時に第38回日米大学野球選手権大会の日本代表に選ばれ、第1戦で満塁本塁打を放った。3年生時には11月開幕の第26回アジア野球選手権大会の日本代表に選ばれた。

大学4年生時の春季リーグでは指名打者のベストナインを獲得した。なお、5月26日の対八戸学院大学戦では推定飛距離140メートルの本塁打を放っている。6月に第39回日米大学野球選手権大会の日本代表候補に選出されたが、最終メンバーからは外れた。10月に行われた東アジア競技大会では大学生で唯一日本代表に選ばれて4番を務め、韓国戦で満塁本塁打を放った。大学リーグ通算成績は78試合出場、11本塁打、55打点、打率.304[12]。ドラフト後の10月27日に行われた、第5回明治神宮野球大会東北地区大学野球代表決定戦の準決勝・対東日本国際大学戦で本塁打2本を放った。チームは決勝で八戸学院大学に敗れたが、自身は大会の敢闘賞を受賞した。

2013年10月24日に行われたプロ野球ドラフト会議で埼玉西武ライオンズに2位で指名され、契約金7,000万円、年俸1,200万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。同大学からは4人目のプロ入りで、野手では初となった。

広告

年度別ホームラン数

2017  23本

2016  14本

2015   0本

2014   2本

登場曲

オジー自慢のオリオンビール(エイサーバージョン) 

出典 ユーチューブ

沖縄の食事シリーズ!沖縄そばの特徴や魅力について語る

最後まで読んで頂きありがとうございました。

広告

関連コンテンツはこちら



広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。