ピューマ渡久地の今は何をしているの?辰吉との因縁とは!

沖縄県出身のボクシング選手は多いが、このピューマ渡久地の印象が強い方も多い事と思います。現役時代はどういう選手だったのか、また現在は何をされているのか?そしてあの辰吉との因縁とは一体何なのか?華やかなボクシング界の光と影、報告します。

スポンサーリンク

ピューマ渡久地とは

出典 ユーチューブ

ピューマ渡久地(ピューマ とぐち、1969年11月20日 – )は、日本の元プロボクサー。本名は渡久地 隆人(とぐち たかと)。沖縄県石川市(現・うるま市)出身。身長161cm。血液型A型。興南高等学校卒業、日本大学農獣医学部中退。ボクシングスタイルは、右のファイター型。元日本フライ級王者。

鬼塚勝也、辰吉丈一郎と共に平成の三羽烏と称され[1]、1990年代初期の日本プロボクシング界で活躍した。

高校入学と同時にボクシングを始め、金城真吉監督の指導の下才能を開花させていく。1987年インターハイフライ級準優勝、海邦国体で沖縄県チームとして優勝。高校の同期にプロバスケットボールBリーグ・サンロッカーズ渋谷現アシスタントコーチの伊佐勉。

アマチュア時代から58戦53勝(40RSC)5敗と、プロ顔負けのパワフルなボクシングを持ち味として18歳でプロ入りを果たし、1988年8月にデビュー。

全日本新人王(MVP)、A級トーナメント優勝(MVP)、日本プロスポーツ大賞・内閣総理大臣新人賞受賞などを受賞。東日本新人王トーナメント決勝では、後のWBC世界スーパーフライ級王者・川島郭志を6回TKOで破っている。ちなみに、前年のインターハイでは決勝で川島に敗れ、前述のとおり準優勝に終わっている。

9戦全KO勝ちの戦績を引っ提げ、1990年3月、10戦目で日本王座初挑戦。ここでもKO勝ちを収め、王座獲得。その後、8月の初防衛戦もKO勝ちし、デビューからの連続KO勝利数を「11」に伸ばす。11月の2度目の防衛戦は10回判定勝ち。12戦目で連続KO勝利は途切れたが、デビュー戦から11戦連続KO勝ちは日本歴代3位の記録。

1991年3月、3度目の防衛戦で当時売り出し中のロシア人ボクサー勇利アルバチャコフ(当時のリングネームは「チャコフ・ユーリ」)と対戦することになっていたが、試合直前に当時の所属ジムとトラブルを起こし失踪。日本王座は剥奪となり、ペナルティとしてJBCから「無期限ライセンス停止」の処分を受ける。

その後、JBCも本人の更生を認めライセンス停止処分を解除し、2年半の近いブランクを経て復帰。1993年4月、復帰初戦。元WBA世界フライ級王者の現役世界ランカーヘスス・ロハス(ベネズエラ)と対戦し9回TKO負け。プロ初黒星を喫する。その後、1994年8月の試合にも敗れ、2敗目を喫する。

1995年1月23日、復帰5戦目で日本王座再挑戦。同フライ級王者岡田明広を10回判定に降し、4年ぶりの王座返り咲きに成功したが、試合後、リング上でのインタビュー中に岡田の応援団に激しく野次られ激怒。「気に入らないなら(チャンピオン)ベルト返してやるよ!」と叫び、ベルトを外そうとする一幕があった。その後3度(前回の王座を含め通算5度)の防衛に成功。

1996年8月26日、世界初挑戦。両国国技館で前述の無期限ライセンス停止で対戦出来なかったWBC世界フライ級王者・勇利アルバチャコフに挑むも、9回TKOで敗北(なお、この試合はJBC等の選考による同年の年間最高試合に選ばれた)。なお、この試合からリングネームを本名である「渡久地隆人」と名乗るようになる。

その後、スズキ・カバトとの指名試合・4度目の防衛戦をキャンセル、保持していた日本王座を返上し、勇利が所属する協栄ジムに移籍。その後5連勝して世界再挑戦決定。リングネームを「ピューマ渡久地」に戻し、1998年12月にWBA世界スーパーフライ級王者飯田覚士に挑むことになったが、試合前に「脳梗塞の疑いがある」と診断され、再挑戦中止。結局、「脳梗塞の疑い」は誤診であったが、リング復帰まで1年以上を要した。1999年10月、1年4か月ぶりの試合に臨んだが、3回TKO負け。結局、この試合を最後に現役を引退。

移籍の難しい日本プロボクシング業界の中で、ビクトリージム〜埼玉池田ジム〜十番TYジム〜協栄ジムと計4つのジムを渡り歩いた。

1993年8月5日に生田聡美と入籍、その後二女一男をもうけた。現在は港区東麻布に「ピューマ渡久地ボクシングジム」を開設し、現在は同ジムの名誉会長。2007年度東日本ボクシング協会理事も務めた。同ジムではアマチュア時代の富樫直美を指導したこともある。

戦績

プロ通算戦績 27戦23勝(19KO)4敗

獲得タイトル

  • 第36代日本フライ級王座
  • 第42代日本フライ級王座

スポンサーリンク

辰吉との因縁

辰吉丈一郎は自らの自伝にも記していたが、

若かりし頃にピューマ渡久地とあわや乱闘になりかけたことがある。

沖縄国体に大阪代表として選ばれ、そこに参加していた時のことである。

試合会場で辰吉がチームの仲間と談笑をしていた。

「沖縄の女ってごっつ綺麗なのも多いけど、ホンマ、ブサイクなのもおるな。見てみぃ、あそこにいる女。見られん顔や…(笑)」

辰吉がバカにしたように言った。

その言い方がなんともおかしい。

仲間たちは大爆笑をしてしまった。

「ほんま、そうやろ。ブッサイクな顔やろ…」

辰吉も爆笑である。

と、このタイミングで辰吉の後ろで何やら動きがあった。

振り返ると、小柄だが目つきの鋭い同じ歳くらいの男が立っている。

「あ…、そや、沖縄の選手やったな、フライ級の、名前は、たしか渡久地…」

その渡久地が何かを言っている。

沖縄訛りで早口、何を言っているのか理解できない。

「儲かってまっか?」

辰吉にはこう聞こえたために、「別に儲かってへんよ…」と答えた。

「なめとるのか、おのれは」

渡久地は完全にキレた。

渡久地が辰吉に詰め寄る。

もう爆発寸前である。

「こいつ、何を怒ってるのや?」

渡久地は「儲かってまっか?」と言ったわけではない。

「もう一回、言うてみんか」と言ったのだった。

それを辰吉が勘違いしていただけ。

辰吉が冗談で言った、「沖縄の女はブサイク」という言葉に渡久地が過剰に反応していたということがわかった。

しかし、辰吉もここまできたら引き下がるわけにはいかない。

同じ歳くらいの奴に文句をつけられることに無性に腹が立っていった。

かつてはケンカで名を轟かせていた男だ。

徐々に頭に血がのぼっていく。

「てめぇ、ふざけやがって…」

渡久地の怒りは収まらない。

「邪魔や、邪魔や。お前こそ文句あんのけ」

いよいよ辰吉も沸点に達した。

渡久地に顔を近づけていく。

一触即発だ。

2~3人の辰吉の仲間が割って入る。

「やめ、やめ、辰吉。すんませんな、こいつちょっと頭、いかれとるんですわ。かんべんしてや…」

渡久地の機嫌をとろうとした。

辰吉は納得ができない。

やるならやってやろう。ブッ飛ばしてやる。

しかし、仲間が辰吉に合図をした。

辰吉がその方向を見ると、そこには当時の大阪帝拳会長である吉井の姿があったのだ。

吉井が険しい顔をしてこちらを見ている。

この場は、これで終わらすしかない。

この大会が終了した後、辰吉と渡久地は互いの実力を認め合い意気投合していく。

辰吉が胸のうちを渡久地に語った。

「ほんまはアマチュアじゃなく、プロでやりたいんや」

「プロになったら絶対世界獲れよ。お前なら獲れる。お互い、頑張ろうや」

渡久地は返した。

後に、「平成三羽ガラス」として、辰吉、渡久地、鬼塚の3選手が話題となっていくことになる。

http://saitohitoshige.naganoblog.jp/e1906120.htmlより抜粋

 

現在は何しているのか?

ピューマ渡久地ボクシングジムで後進の指導をされています。

所属ジムの選手です。

コブラ諏訪 Cobra  Suwa A級

コブラ諏訪
生年月日 1980.6.9
血液型 A 型
階級 スーパーウェルター
戦歴 33戦19勝(11KO)12敗(5KO)2分
  • スーパーウェルター級 WBCアジアチャンピオン
  • スーパーウェルター級 PABAチャンピオン
  • スーパーウェルター級 日本ランキング3位
出身地 トロント
好きな映画 シンデレラマン
座右の銘 勝者のみが報われる

デスティノジャパン Destino Japan A級

デスティノジャパン
生年月日 1984.4.9
階級 スーパーライト
戦歴 28戦23勝(21KO)3敗(1KO)2分
  • スーパーライト級 OPBFランキング9位
  • スーパーライト級 日本ランキング1位
  • 元ドミニカ共和国スーパーライト級チャンピオン

 

出身地 ドミニカ共和国

稲葉 直樹 Naoki Inaba C級

稲葉直樹
生年月日 1980.6.9
血液型 A 型
階級 フライ
戦歴 9戦4勝(2KO)5敗(2KO)

出身地 東京都港区
好きな映画 ベストキッド
好きな有名人男性 デーモン小暮閣下
好きな有名人女性 宮崎あおい
座右の銘 あきらめたらそこで試合終了だよ
   
   
   

 

   

篠原 巡 Jun Shinohara C級

201759185731.JPG
生年月日 1993.5.3
血液型 O型
階級 ライトフライ
戦歴  

出身地 千葉県船橋市
好きな映画 ダイハード
好きな有名人男性  
好きな有名人女性  
座右の銘 本当の失敗は挑戦しないこと
世界チャンピオン目指してがんばってください!沖縄からも応援しています。

全国のイベント等の当日の様子を紹介!鑑賞者の感想や画像など

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。